2016年09月29日

お詫び

昨日、ご紹介したピーチドレスのドールのリンク先を間違えて貼りつけてしまいました。
お客さまが教えてくださって気がつきました。
お騒がせして申し訳ありませんでした。
そして、教えてくださったMさま、助かりました。
ありがとうございました。
今後、このようなことのないよう気を付けます。
皆様、ごめんなさい。
ピーチドレスのドールちゃんもごめんなさい。

さつき
posted by SATSUKI at 15:17 | Diary
2016年09月28日

ピーチピンクのマドモアゼル

ピーチピンクは、天使の肌色ともいわれる色・・・
この子を手に取ったとき、あまりのかわいさに天使が舞い降りたような気分になりました。
木下先生は、ボンクラージュに数多くのドールを届けてくださいましたが、
この子は、いつもとちょっとちがっていました。
ksl.jpg ksl1.jpg
愁いを含んだような瞳・・・ちょっとだけ開いたお口・・
何を話しかけようとしているのかしら?
「さみしかった?」
小さなお友達をだかせてあげました。
ちょっと、微笑んでくれたみたい。。。。
ks2.jpg ksl2.jpg
このこ、こんな風にちょこんとすわれます。
ちょっと、失礼・・スカートをめくってみました。お膝もまがるんです。
(さっきまでレースを染めていたsatsukiの手が染まっていて見苦しくてごめんなさい)
花束をだいたり、小さなベアをだいたり、たったり、すわったり・・・
ビンテージのボックスやリボンん巻ににちょこんと座った姿は、
まるで妖精のように目に見えない羽が生えているみたい・・
本当にかわいい子です。
両手にのっけてお顔をみてください。
ちょっぴりはにかんだ微笑みにあえますよ・・・・
ビスクドールは大切にしていただければ長く楽しめます
あなたのもとで、素敵なアンティークドールにしてくださいね・・
http://www.boncourage.net/SHOP/159572/list.html
posted by SATSUKI at 15:43 | Diary

ありがたいですね・・・

古くからのお客様がご予約をいれてたずねてくれたんですよと店長から連絡がありました。
お会いできなくて、ごあいさつができなくて、ごめんなさい。
楽しんでいただけましたか?
ずっと長く、ボンクラージュを好きといってくださる皆様に本当に感謝しております。

そして、作家さんたち・・・おいそがしい、星くにこ先生がアニバーサリー記念の作品を
送ってくださいました。 寝る時間を削って作ってくれました。
10周年おめでとうって・・・

木下先生は、アニバーサリー感謝セットに私がこういうのがほしい〜〜〜〜という願いをかなえて
くれます。すごっくかわいい企画を考えていますので、楽しみにしていてください。

皆さんがいてくれくださったから、頑張れました。
今は、お店に出ることができませんが、気持ちは元気です。
お店にいるときより、作ることに企画することにデザインすることに専念できるので
より、楽しく作っております。 レアキャラになりつつあるSATSUKIです(笑)
副作用でむくみがひどかったり、どすこいみたいにふとったり・・といそがしい。
声のトレーニングもしながら、完全復帰をめざします〜〜〜

企画に集中していますので、自分でいうのもなんですが、「いいかも・・・」と
いう企画がどんどんとおもいついており、老化した脳は、大慌てでついてきています(笑)
私、やぱっり、誰かに喜んでもらうのが大好きです。

猫がじ〜〜〜〜〜とみてますので、喜ばせてやりましよう。
『歯磨きするぞ^^^^』 あ・・にげた。
posted by SATSUKI at 02:18 | Diary
2016年09月25日

ベアのショーケース4

日曜日の午後、いかがおすごしでしょうか?
人気のベアのショーケースも第4弾となりました。
今回は、いままでのものとちょっと変えて、2段にしました。
1段目を小さなべアのお部屋のように、かわいいドレスや帽子、ヨーヨーキルトの壁かけなどで
飾りましたよ。
25bc2-6.jpg 25bc2-4.jpg25bc2-4.jpg
いろんなお部屋にして並べてもかわいいですよね。
http://www.boncourage.net/SHOP/bcp00067.html
posted by SATSUKI at 14:38 | Diary
2016年09月24日

プリンカップベア

ボンクラージュOPEN当初から人気のベアびん。
収納しながら、飾るというのが人気の秘密です。
ベアビンは、瓶なので本体は透明です。
中に何があるかわかりやすいのが便利といわれています。
飴やれーすのハギレや・・・入れておいたらかわいいですよね〜〜〜〜
お客さまから、中が見えないのもあったらいいなというお声をいただきました。
24bc1.JPG 24bv2.JPG 24bc3.JPG
そこでご紹介したいのがこのプリンカップベアです。
一見、飾り物ですが、下は陶器のカップになっています。
これなら、中身は見えませんので、見えたらかわいくないものを入れるのにいいですよね。
プレゼントにもおすすめです。
http://www.boncourage.net/SHOP/bcp00047.html
posted by SATSUKI at 17:52 | Diary
2016年09月22日

ちょっぴり気の早いサンタになったBEBEちゃん

私たちは、季節感がない日々を送っています。
というのも、真夏に真冬ものを企画したり、真冬に真夏のものを企画したりしているからです。
真夏にクリスマスソングをかけながらクリスマスもののデザインを描いたり・・
10月は、キットの会もクリスマスものです。
もうすぐサンプルもできあがりますよ。かわいいので楽しみにしてくださいね
さて、こちらは、ちょっと気の早いサンタさんです。
21sale2-2.jpg 21sale2-6.jpg 21sale2-3.jpg
21sale2-5.jpg 21sale2-4.jpg
かわいいでしょ。ツリーのおそばにいかがですか?
http://www.boncourage.net/SHOP/bcp00066.html

そしてSALEコーナーには、私がお気に入りのフランスの生地でつくった
ドレスを着たベアやボックスがでています。
こちらものぞいてくださいね。
http://www.boncourage.net/SHOP/159665/list.html
posted by SATSUKI at 01:36 | Diary
2016年09月20日

小さなもの大好きの会〜素敵な時間〜その2

先日、小さなもの大好きの会をご紹介しましたところ、
いくつかの質問をいただきました。
半完成品キットとは? どのくらいまで作ってあるの?
CIMG4631.JPG
例えば、1回目の「材料を探す素敵な時間」なら、こんな感じ。
皆様には、このような部品をつくっていただきます。(このほかにカードが5枚あります)
CIMG4639.JPG
作った部品をベースの中に部品をかざりつけていただきます。
IMGP3756.JPG IMGP3754.JPG IMGP3757.JPG
いかがですか?
IMGP3758.JPG
こんなふうにミニベアちゃんなどと飾ってもかわいいですよね〜〜〜
これが半完成品キットの全貌です。
完成品も、限定数でございます。 ぜひ、ご参加ください。
お待ちしています。
http://www.boncourage.net/SHOP/168396/list.html
posted by SATSUKI at 16:05 | Diary

ベアショーケース その3

今日もショーケースアレンジをつくってみました。
今回は、 おしゃれグッズを詰めていました。
香水瓶やローションボトル、手鏡、ネックレスなど・・・
勿忘草は本木先生につくっていただきました。
ミニチュア用にいつもより小さく作ってもらいましたよ。。。。。
20bc1.jpg 20bc3.jpg 20bc6.jpg
いろんな、ショーケースを並べてもかわいいですよね〜〜〜
最近、お気に入りです。

http://www.boncourage.net/SHOP/bcp00065.html
posted by SATSUKI at 12:18 | Diary
2016年09月19日

ベアのショーケース その2

今日もどんよりです。
SATSUKIは、最近、アロマと音叉にはまっております。
いろんな、アロマオイルを気分によってブレンドしては、楽しんでいます。
ゆったりした気分でいたい時は、ラベンダーベース・・・
制作中なのにラベンダーのアロマ・・まずい。眠くなっちゃいました・・・

今日も、ショーケースアレンジをつくりましたよ。。
先日のものとは、少し違っています。
勿忘草のお花は本木先生・・・
いつもより小さめに作っていただいています。

19bc2.jpg 19bc3.jpg

このケース・・ピンセットでセットしていくのが意外にむずかしくて、
後ろからいれて、前からどのように見えるか?と確認しながら作っていきます。
いっそ後ろの扉が一回とれたらつくりやすいのに・・・・
はずして、はまらなくなったら大変なので、がまん。がまん。
でも、形がすごくきにいっているので、もう少し、色々なタイプをつくってみようかな?
香水瓶をいっぱい並べてもかわいいなあ〜〜〜
などと思っています。

http://www.boncourage.net/SHOP/bcp00063.html
posted by SATSUKI at 15:58 | Diary
2016年09月18日

小さなもの大好きの会〜素敵な時間〜

雨の日曜日・・・
お寝坊したいところですが、容赦なく起こすニャンコ。
ほっぺをつついて、それでもだめなら鼻をかむ。ぜったいにあきらめません。
彼は、決まった時間にご飯をたべることに全力でいどみます。
私は、ふらふらしながら、ニャンコのご飯をつくる・・いつもの風景です。
しんどいけど、それもそれで、素敵な時間・・・・

さて、10月スタートの小さなもの大好きの会のテーマは、「素敵な時間」です。
1回目は、「材料を選ぶ素敵な時間」

18ha.jpg

手つくりが好きな方にとって、材料を選ぶ時間は、至福の時・・
あの布には、このレースがいいなとか、ア・・素敵なボタンとか・・・
ついつい、買いすぎてしまいます。
壁の奥をごらんください。 ちいさな引き出しがいっぱい。
糸巻もずら〜〜っとならんでいます。
凝ってしまいました。 やってしまいました。
スタッフ一同、「これ、完成品もあるんですよね・・・・」
うっ・・・祭りじゃ〜〜
この会は、半完成品キットですので、途中まではボンクラージュが担当します。
そして、完成品のコースもあります。
特に完成品のお値段は、アニバーサリー価格・・ぎりぎり頑張りました!!
「素敵な時間」が6個ならぶ姿を想像してみてください。
「かわいいもの大好きDNA」がくすぐられちゃいますよね。
皆様のご参加をお待ちしています。

http://www.boncourage.net/SHOP/168396/list.html

SALE コーナーには、サンプルやかわいいものセットが続々アップ中。
こちらもぜひ、のぞいてみてくださいね。
http://www.boncourage.net/SHOP/159665/list.html

posted by SATSUKI at 16:22 | Diary

かわいいショーケース

少しずつ、すごしやすくなってきましたね。
ブログアップの間があいて、ごめんなさい。
なんだか、スイッチがはいって、ひたすら、制作、デザイン描きをしておりました。
ちょっとかわいいものをつくりましたよ。
18bc1-2.JPG
ショーケースの中に小さなかわいいベアと手芸材料がつまっています。
表側はアクリル、裏側があくようになっています
ホコリにもならず、ちょこんと置くとかわいいですよ。
http://www.boncourage.net/SHOP/bcp00062.html
posted by SATSUKI at 00:56 | Diary
2016年09月10日

トワルジュジョイの部屋〜手芸好きなベア〜

手芸好きなベアちゃんのお部屋です。
トワルジュジョイの部屋という名前をつけたのは、壁などに使った生地、
18世紀にフランスで生まれ、今なお世界中で愛され続ける伝統生地トワル・ド・ジュイ・・・
この図柄は1784年ジャン パティスト・ユエによるデザインの「アメリカの独立」という柄の復刻版です。
10bc1-1.jpg 10bc1-2.jpg 10bc1-3.jpg
10bc1-4.jpg 10bc1-5.jpg
学生のころの私の部屋はこんな感じでした。
小さなチェストの上のシェルフにはお気に入りの生地をお店のように飾っていましたっけ・・・
このお部屋のレースのカーテンは、アンティークレースです。
お布団にしたのはフランスのヴィンテージリボンです。
箱は、プレゼントボックスのようなかんじです。
ガラスはついていませんので、中にご自身のお気に入りを加えてください。
http://www.boncourage.net/SHOP/bcp00061.html
posted by SATSUKI at 22:51 | Diary
2016年09月08日

花園を持ち歩く素敵・・・

雨がふったり、ひがさしたり・・・
不安定なお天気です。

ヴィクトリアン手芸は、いまやボンクラージュの代名詞の一つとなりました。
美しい手仕事は、私も大好きです。
ヴィクトリアン手芸の会は、いつも人気の頒布会です。
頒布会は、入会してくださった方しか2回目以降の内容がわからないですよね・・・
「どんなものがくるんですか? 今回はまにあわなかったけど、次の参考にしたいので・・」
ってお声も多いのです。
材料がそろう時は、今回のように再募集をしたりはしています
あと、3個くらいはいけそうですよ。
最初の回は最後にお届けの予定。
http://www.boncourage.net/SHOP/hanpu0028.html
写真は、2回目のサンプルです。
(会員のみなさん、次はこれですよ〜〜〜〜)
1vic1.jpg 1vic3.jpg 1vic2.jpg
自分で言うのもなんですが、本当に素敵でしょ。
これで、長財布が入るような大きさなんですよ。
ぱか〜んとあきます。
さらにこの会は、半完成品・・・バッグの部分はほとんどつくってありますので
皆様はお飾りに集中できますよ〜〜
今回もたくさんの材料をつかいました。
材料を並べて眺めるだけでもうっとりしていただけると思います。
黒のシャンタンですので、シックにお持ちいただけると思います。
たっぷりパーツやビーズ、刺繍で美しい花園をつくりました。
題して「花園を持ち歩く素敵」・・・
参考になりましたか?
会員の皆様、楽しみにしていてくださいね。
あ・・1回目のボックスは、すすんでいますか?
楽しんで作ってくださいね。
posted by SATSUKI at 16:24 | Diary
2016年09月07日

素敵なボックスにはいった手芸材料

9月に入ったというのに、暑い、暑い自由が丘です。
皆様、夏のお疲れはでていませんか?

さて、何度も言っているので、ご存じの方も多いと思いますが、
私は、箱やカン、カゴが大好きです。
中身ではなく箱がほしくてお菓子を買ったりしたことも数えられないほどです(笑)
今日ご紹介するのも、とっても素敵なお箱にはいった手芸材料なんです。
3sm1-2.jpg
メルスリーの会にご入会の皆様には、お馴染みですよね・・
(メルスリーの会には、このほかに本木先生に材料を見ていただいて
あうお花をそめてもらって入れていて好評です。)
今回は、お花は入っていないのですが、素敵な材料をあつめました。
すみれ色は、私の大好きな色です。
ボックスの側面に描かれた淡い紫のお花・・
何とも雰囲気のあるお箱です。
中も、すみれ色濃淡・・・りぼんだったり、フラワーブレードだったり、
フラワーパーツだったり。
お花のかわりにアンティークのクロモスをいれています。
素敵な材料がそばにあるとインスピレーションもわきやすいですよね。
どうぞ、このセットで素敵な作品を作ってくださいね。
http://www.boncourage.net/SHOP/sale001015.html
posted by SATSUKI at 02:11 | Diary
2016年09月06日

ビスクの菊池先生が出店します。

美術の祭典〜東京店がこの9月9日より上野で開催されます。
そこにボンクラージュでお教室をしてくださっている菊池先生が創作ビスクの部に出展されます。

kikuchi1.jpg kikuchi2.jpg

ボンクラージュに展示されているアリスとウサギをてがけてから、先生は、動物とドールの世界をつくるようになったそうです。その中の赤ずきんが推薦委員の目にとまっての出店だそうです。
素敵! 
もちろん型から、作ります。どんな世界を見せてくださるのか楽しみです。
お近くの方は、ぜひ、足をお運びください。
http://www.tokyoten.com/information.html

「菊池先生〜がんばって〜〜〜」
posted by SATSUKI at 01:05 | Diary
2016年09月04日

シェニール刺繍・メタル刺繍のクッションカバー

とても美しいシルクのクッションカバーです。
4pw1-1.jpg 4pw1-2.jpg
シェニール糸での美しい花・・chenille (フランス語で芋虫という意味)
ビロード状の毛羽のある糸、モール糸ともいわれます。
つややかで立体的な刺繍ができます。
そして、メタル糸の束をコーチングステッチで土台に留めながら美しいラインを作っています。
4pw1-2.jpg 4pw1-4.jpg 4pw1-3.jpg
古いものですが状態はよく、このままクッションカバーとして使えそうです。
シルクの周りは、ぐるっとベルベットリボンで囲まれています。
額装したら素敵でしょうね・・・・
本当に気が遠くなるような時間がかかるのでしょう。
美しい手仕事です。
http://www.boncourage.net/SHOP/av20011.html
posted by SATSUKI at 00:16 | Diary
2016年09月02日

リモージュ アビランド 美しい飾り皿

まだまだ、暑いながら少しずつ秋の気配が感じられる自由が丘です。
今日は、ミニチュアモール作家 国本先生のセミナーでした。
5月に開催の時は、たくさんのキャンセル待ちがでた人気のラッパウサギ。
秋にもう一度・・とお約束してくださったのが今日のセミナーでした。
ティースプーンにのるような小さな小さなラッパウサギは驚くほどリアル・・
モールで作っているなんて信じられないくらいです。
先生にはまた、セミナーを企画していただく予定ですので、その時はぜひ、ご参加くださいね。

さて、今日はちょっと趣向をかえて・・・・
ボンクラージュは、メルスリーという印象が強いのですが、そのほかのアンティークも
いいものが見つかればマダムにお願いします。
25ma1-1.jpg 25ma1-4.jpg 25ma1-2.jpg
こちらは、皆様もよくご存じ、日本でも人気のフランスリモージュ地方で作られたお皿です。
一口にリモージュのお皿といってもいろいろな製陶所がありました。
18世紀後半から現在にいたるまで、さまざまな製陶所が磁器を作ってきたわけですが、
この美しいお皿の裏を見るとアビランドと描いてあります。(フランス語はh発音しないので)
歴史をひもとくとそれも楽しいのですが、リモージュ磁器の黄金時代いをになった製陶所です。
25ma1-6.jpg 25ma1-3.jpg
このお皿、見てください!
お写真でわかるかしら? 美しいバラの花びらが立体的になっているんです。
周りは金彩色・・・リモージュらしい優雅で美しいお皿です。
アンティークレースと飾ると相性もぴったり、素敵ですよ〜〜〜

http://www.boncourage.net/SHOP/av20009.html

*素木洋一氏 『セラミックスの技術史』
posted by SATSUKI at 23:15 | Diary