2017年02月15日

いにしえのテープレースセット

美しいフランス1920年代のお箱とテープレースのセットです。
箱は、フランス1920年代。アンティーク花柄をカバーした木箱。ベルベットリボンかざり。
9t6.jpg9t1.jpg
内箱は、1920n年〜30年代に大流行したアールデコ柄のオリジナルペーパープリントで内装。
花束のはいった花車のカードとベルベットの結びリボン飾り。
状態もよく、美しく経年したクラシカルな色彩の上品な飾り箱です。
9t5.jpg
中には、テープレースを作るセットが・・・
テープを図案に添って配置し、ニードルワークで空間を埋めていく技法で古くから作られています。
9t2.jpg
作品の完成に要する時間を短縮でき、衣服、室内装飾にと広く用いられたそうです。
シンプルなものから高度な技法による細密な作品もあり、
欧米の美術館にも多く収蔵されています。
イタリア、フランスその他広域で作られましたが、19世紀後期〜20世紀前期に流行したレースで
Luxeuil(フランス東部の温泉のある町です)でさかんにつくられ一部に秀作がみられます。
レース用のオリジナル[そのころの)テープ数種、制作途中の図案つき作品、糸、針、この技法の作品 
がはいっています。
いにしえのテープレースを作ってみるもよし、その頃の資料としてコレクションするのもおすすめです。
9t3.jpg 9t4.jpg

http://www.boncourage.net/SHOP/av20010.html

インスタグラムものぞいてくださいね。
www.instagram.com/boncouragejiyuugaoka/
posted by SATSUKI at 21:55 | Diary