2017年07月12日

小さな童話の世界

「本を開いたら、そこに童話の世界が広がっていて、その中にはいれたら・・・
どんなに楽しいかしら?」 小さなころよくそう思っていました。
木下先生と頒布会を企画するとき、先生にその話をしたんです。
そうしたら、私の夢をかなえてくれました。
小さな本は、ちょっと古い感じにアンティーク加工されています。
表紙を開けると、「あら?普通の本?」もう1ページ開けると
そこには物語の1シーンがひろがっています。
12ks1-1.jpg 12ks2-1.jpg 12ks3-1.jpg
12ks4-1.jpg 12ks5-1.jpg
ヘンデルとグレーテル、シンデレラ、赤ずきんちゃん、リトルマーメイド、白雪姫・・・
おなじみのシーンがひろがります。
開けるたびにちょっとにっこりしてしまう手のひらにのるようなミニブックです。
12ksbook.jpg
頒布会の時には数冊集めていただきましたので、わざと本の大きさを変えてn
並べた時に動きがでるようにしました。

頒布会というのは、けっこう閉鎖的でして、入会していないとなかなか
全容をみることができません。
今回、過去の頒布会の中で人気だったものの中から数点を作っていただきました。。
材料の関係で全部はつくれなかったのですが・・・
10月からまた新しい頒布会がはじまります。
それまでに、頒布会ってこんなにかわいいものがコレクションできるんだよと
ご紹介したいと思います。
また、頒布会は、中身を見ずに6回コースとか10回コースとかをご予約いただきますので
木下先生もお得な価格でご紹介してくださいます。
「へえ〜〜こんなにかわいいものが頒布されていたんだ」と参考にして頂ければと思います。
今回は、単品販売なので、中身を見て選んでいただけますよ。
http://www.boncourage.net/SHOP/159572/list.html

posted by SATSUKI at 23:33 | Diary