2007年08月27日

かもめ食堂

心と体がちょっぴり疲れたな・・・と感じたときおすすめのDVDです。
「かもめ食堂」・・・れっきとした日本映画ですが、オールフィンランドロケで、現地のスタッフと一緒に撮った映画だそうです。
フィンランドのどこか、なつかしい、のんびりした空気と時間の流れ方がとても気持ちいい映画です。
映画の中のインテリアや雑貨のセンスもよく、お手本にしたいことがいいっぱいでした。
かもめ食堂と同様、ボンクラージュもどなたもいらっしゃらない日だってあります。やっぱり、不安になったり、へこんだりもします。
主人公の「まじめにやっていれば、いつかかもめ食堂の想いをわかって、お客様がきてくれる」とくに宣伝しようとしたり、身の丈にあわないようなことをしようとしたりしない姿がとても凛とし素敵でした。ただ、あたりまえのこと、グラスをぴかぴかに磨いたり、テーブルをきれいにふきあげたり・・・をきちんとやる・・
お料理もシンプルですが、やさしくて、いい香りが画面から伝わってきそう・・・。
祖母がよく「私が幸せになるのではなく、私たちが幸せになると思って毎日を過ごしなさい」といっていました。
この映画をみて、なんだかその言葉を思い出しました。
主人公は小林聡美さんが演じていますが、つかず離れずのやさしさが気持ちよくって、とても好きな映画です。

かもめ食堂
posted by SATSUKI at 15:57 | Comment(2) | Diary
この記事へのコメント
小林聡美さん好きですよ〜
かもめ食堂、チャンスがあれば見てみます

さつきさんのおばあさまの言葉
心に響きました

私も再確認しなきゃいけないことがいっぱいあるなぁ〜

良いお話、ありがとうございました
Posted by ずこ at 2007年08月27日 16:13
zukoさん
とても、気持ちいい映画でした。
ずこさん、きっとお好きだと思います。
ご覧になってみてください。
祖母は若い頃からお商売をしていた人です。
お店を開くとき、これがお商売の基本・・そして人の基本やといわれました。
この映画みたら、そんな基本が思い出されて、反省もして、またがんばろうと勇気がでました・・よ。
Posted by satsuki at 2007年08月27日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: